アフィリエイトでライバルが多いジャンルは稼ぐことができないのか?

 

こんにちは、中里です。

 

このページでは、アフィリエイト初心者さんは

“ ライバルが多いジャンルでは稼げない? ”

言われていますが初心者さんこそ

“ ライバルが多い=需要が高いジャンル ”から

始めるべきなお話します。

 

実際に僕も特化型トレンドブログで

最初に作ったのはライバルが多い

ゲームアプリの攻略ブログから

スタートして月10万円を稼げたし

今現在でも安定して30万円は稼げています。

 

アフィリエイトに限らずで

“ 商品が売れる仕組みは需要がある ”から

商品が作られ販売されていますよね?

 

そもそも需要がない商品をコストをかけて

作っている人は発明家かボランティアをしている人です。

 

ですが、あなたは

“ ブログアフィリエイトでお金を稼ぐことが目的 ”ですよね?

 

目的がお金を稼ぐことなら、

ニッチなジャンルやブルーオーシャンなジャンルを

探しているだけで情報に埋もれて

“ 時間だけ消費 ”して

目的に向かって進めていないのと同じことなのです。

 

時間だけを消費して何も生まない非生産な時間はお金を消費する以上に危険な行為

 

ネットの世界から情報収集しようとすると、

それこそ無限大に集めることが可能ですので、

情報をリサーチしようとすると

1日2日あっても収集しきれませんよね。

 

それこそ時間が何時間あっても足りません。

 

だから、僕は初心者さんが

ブログアフィリエイトを始めるなら

 

  • そのジャンルで記事を書き続けられるか?
  • 需要がある商品でアフィリエイトする商品があるか?
  • これから先、何年も需要がある市場なのか?

 

これらの条件を満たされるジャンルが見つかれば

ブログを立ち上げ記事を入れるだけです。

 

そして初心者さんがぶち当たる壁が

“ 記事を書き続けられるか? ”ではないでしょうか。

 

記事を書き続けられないジャンルで

特化型ブログを運営することは苦痛でしかありませんが、

先ほども少しお話した

“ ネットには無限に情報収集することができる ”わけです。

 

ですので、“ 記事を書き続けることができないジャンルはない ”とも言えますね。

 

だからと言ってコピペで記事を作れと

言っているわけではなくリサーチした記事ネタから

あなたが記事構成から考え情報を発信することで

あなたの言葉となってユーザーさんに伝わるのです。

 

何が言いたいか、情報収集に使う時間ではなく

記事ネタをリサーチする時間に変えて

リサーチしたネタをあなたの言葉で記事にすることで

非生産な時間ではなくなります。

 

ライバルが多い=キーワードの検索ボリューム数を指している人が多い

 

初心者さんこそ商品需要がある

商品があるブログジャンルを選ぶべきなのですが、

需要がある商品名は検索ボリュームも多いので

ライバルに埋もれるって意見もありますね。

 

ですが、需要がある商品をアフィリエイトすると決めたとき

“ キーワードをずらした ”記事タイトルで

その商品がアフィリエイトできないか?と

考えることが重要なポイントになります。

 

需要がある商品と需要がない商品とでは

販売ページにアクセスを流したときの

“ 成約率が全く違い ”売れている商品には

売れている理由があるわけです。

 

これは、売れている商品をアフィリエイトして

販売ページにアクセスを流せれば簡単に

商品が成約されるわけではありませんので

勘違いしないで下さいね。

 

これには、アクセスを集める

“ ターゲット属性が商品とマッチしている ”ことが前提になります。

 

あなたがアフィリエイトする商品を

欲しがっている人とはどのような人なのか?

 

これがブログに集めるターゲット属性になり

記事キーワードをずらしながら記事更新が必要になるわけです。

 

ターゲット属性の絞り方やずらしたキーワードの見つけ方など

今回のページの趣旨と違うので

また別のページでゆっくりお伝えする予定ですので

お楽しみにして下さいね。

 

ライバルが多いジャンルだと初心者さんには勝ち目がないのは本当なのか?

 

アフィリエイトで稼ぐノウハウには100%

“ ライバルチェック ”の方法が解説され

強いライバルがいるキーワードは

勝ち目がないから避けると言われています。

 

強いライバルばかりが検索1ページ目に

ひしめき合っているキーワードを避けるのは間違ってはいませんが

作ったばかりのブログにパワーがない状態では

どんなキーワードであっても検索1ページ目に表示されません。

 

作ったばかりのブログで

検索上位表示されるようなキーワードがあるのなら

そのキーワードは“ お金にならないキーワード ”だと思って下さい。

 

また、検索ユーザーさんには様々なタイプがあり

1ページ目で自分の悩みが解決されるページがなければ

2ページ目、3ページ目と悩みを解決する記事を

見つけようとする人も居ます。

 

ですので、ブログ記事として書いておけば

狙ったキーワードでアクセスを少なからずでも

集めることができ記事内容の質が高ければ

検索エンジンの評価が上がり1ページ目に表示

される可能性も全くのゼロ%ではないということです。

 

例え、検索1ページ目に表示される可能性が1%でもあるなら

チャレンジする価値はあります。

 

これはアフィリエイトで稼いでいる多くの人が

“ 不可能を可能 ”にしているのです。

 

『 初心者だから自分には無理だろう 』と決める事で

自分の活動範囲を狭めているだけで誰でも最初は

初心者からスタートしているわけだしアフィリエイトに秘められた

可能性を自らが小さくしています。

 

ネット上にはアフィリエイトについて様々な意見がありますが

最終的には自分の意思しか信じません。

 

ですので、“ 自分ならアフィリエイトで稼ぐことができる! ”

気持ちがある人のみがアフィリエイトで

稼ぐことができているわけです。

 

この世の中に100%稼げるビジネスモデルがありますか?

いくらネットで検索しても存在しないのです。

 

だから多くの人が稼いでいる先人の知恵を学び

ゼロスタートから稼ぐブログを作っています。

 

もし、情報商材を購入することに不安があるなら、

ポイントサイトを活用すると購入代金を簡単に稼ぐことができます。

 

>>ポイントサイトを活用して稼ぐ方法はこちら

 

この方法は実践さえすればアフィリエイト初心者さんだろうと

ネットで買い物をするレベルの作業で1時間に5万円は稼げる方法です。


↓↓このページのお話が役に立ったら応援クリックお願いします。


悩んだら聞く。迷ったら聞く。つまづいたら聞く。

僕が短期間で成功した近道です。


>>中里へ連絡してみる?


それでは、最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。


中里 司

この記事をSNS ↓↓ シェアしてくれると嬉しいです!

コメント一覧
  1. apa より:

    中里さん、こんにちは!
    すごく参考になります。。。

    確かに、初心者は「ライバルが多いキーワード」を避ける傾向にありますが、避けてライバルがいないキーワードで上位表示しても稼げない・・・

    だったら、ライバルが多くても、「挑戦する」気持ちが大事なんですね。

    そしてターゲットのことを意識しながら、キーワードを少しずらして書く。
    あらためて、自分もブログ内や、知り合いのアフィリエイターにそういうことを伝えていかないとならないなと思えました。

    すごく参考になりました。

    僕自身の勉強にもなりました。

    ありがとうございます(^^)

    • 中里 司 より:

      apaさん

      いつも訪問して下さり、
      コメントまで頂き感謝の気持ちでいっぱいです。

      僕のサポート生にはアフィリエイト初心者だからこそ、
      人が集まるキーワードへ参入させています。

      日本人は、“ 行列ができる店 ”が大好きですからね^^

      人が集まるキーワードはライバルが多いから勝てないと
      思っている人が多いから逆にアクセスも集まらない
      ジャンルへ参入して稼ぐことができずに挫折する。

      人が集まるキーワードでブログが育てば
      トレンドネタを絡めた記事さえ書ければ
      アクセスを集めることは簡単ですものね!

      ご訪問、コメントありがとうございました^^

      中里より

コメントを残す

この記事を読まれた人はこちらの記事も読まれています